TOEFLテストスピーキング問題110

概要

かかった時間

  • xxx 時間

感想

  • xxx

読書メモ

Chapter 1: TOEFL スピーキング傾向と対策

スピーキングの問題構成

  • タイプ 1: 独立スピーキング問題(Independent Tasks)
    • Question1
      • 個人的な好みに関する問題
      • スピーキングのみ
      • 準備時間 15 秒、解答時間 45 秒
    • Question2
      • 意見や立場を選択する問題
      • スピーキングのみ
      • 準備時間 15 秒、解答時間 45 秒
  • タイプ 2: 統合スピーキング問題(INtegrated Tasks)
    • Question 3
      • 大学生活に関する問題
      • リーディング + リスニング + スピーキング
      • 準備時間 30 秒、解答時間 60 秒
    • Question 4
      • 大学の授業に関する問題
      • リーディング + リスニング + スピーキング
      • 準備時間 30 秒、解答時間 60 秒
    • Question 5
      • 大学生活に関する問題
      • リーディング + スピーキング
      • 準備時間 20 秒、解答時間 60 秒
    • Question 6
      • 大学の授業に関する問題
      • リーディング + スピーキング
      • 準備時間 20 秒、解答時間 60 秒

解答の 3 つの評価ポイント

  • 1: 話し方(Delivery)
    • 答えは明瞭で流暢か
    • 発音、イントネーションは正しく、速度は適切か
    • 注意点
      • 小さな声であいまいに発音せず、大きな声ではっきりと聞き取りやすいように話します
      • 個々の語の発音だけではなく、文のイントネーションや全体の速度やリズムも意識して話す
  • 2: ことばの使い方(Language Use)
    • 文法、語彙の使用は正しく効果的か
    • 注意点
      • 文法や語の初歩的な間違いに気をつける
      • 自信のない語彙や構文はなるべく使わずに、普段の練習で使い慣れている語彙や構文を使う
  • 3: トピックの発展のさせ方(Topic Development)
    • 設問に十分に答え、明瞭に考えを述べ、ある考えと他の考えを関連付け、論理的に発展させ、首尾一貫させているか
    • 注意点
      • しっかりした解答のアウトラインを作り、それにそって話す
      • 話している内容が問題の解答になっているか、答えながらチェックする

スピーキングの対策

  • 出題形式をよく知った上で、自分でも問題を作ってみる
  • 基本的構成要素を用いて解答を論理的に構成する練習をする
  • メモのとり方を練習する
  • 時間の感覚を磨き、準備時間と解答時間をうまく使う
  • 語彙を強化する
  • 文法や語法の確認をする
  • 解答例から学び、自分の解答を評価する

Chapter 2: 基礎学習

1: Q1 の解答の組み立て方をマスターする

  • Question1 では「主題、主題の理由、例や詳細、結論」の順に解答を組み立てると、明瞭でわかりやすい構成になる
    • 1: M(Main Point)
      • 主題
      • 答えのうち最も重要な点を述べる
    • 2: O(Organization Indicator)
      • 構成標示
      • 理由の数、ときに内容を示す。時々省略される
    • 3: R(Supporting Reasons)
      • 主題の理由
    • 4: E(Examples / Details)
      • 理由に関する例や詳細
    • 5: C(Concluding Statement)
      • 結論
      • 時々省略される
    • また T(Transition Word) も使う
      • 接続語句
      • 文と文、節と節などをつなぐ語句で、要素のつながり、全体の構成、順番を示す
  • 15 秒で準備をして、45 秒で解答する
  • 重要表現: 願望に関する表現
    • 「自国において休暇で最も行きたいのは沖縄である」ことを示す場合
    • In my home country, I would most like to go on vacation to Okinawa.
    • In my home country, I would most like to go to Okinawa for a vacation.
    • Of all places in my home country, the spot that I would choose for a vacation is Okinawa.
    • The place I would most like to vacation in my home country is Okinawa.

2: Q1 の解答に接続語句を活用する

  • 重要表現
    • 順番を示す接続語句
      • First / First of all / To begin with
      • Second / Second of all / The second reason is that
    • 追加を示す接続語句
      • Next / Moreover / Furthermore / Another reason is that
    • 結論を示す接続語句
      • All in all / Therefore / Consequently / Thus / As a result / In conclusion

3: Q1 の解答で例や詳細を十分に述べる

  • 「例、詳細」を十分に述べるコツ
    • 名称:「理由」に関する有名な人名、地名、題名
    • 種類:「理由」に関する種類、区分
    • 特徴:「理由」に関する特徴、長所
    • 経験:「理由」に関する自分の経験、思い出
  • 重要表現:「例、詳細」を述べる表現(「ノートパソコンの使用方法」を説明する際の「例、詳細」)
    • For example, I write all of my assignments on my laptop, which includes essays, reports, and other kinds of homework.
    • For instance, I use it to write and receive my emails several times a day.
    • In addition, I access news on the Internet using my laptop, especially sports news.
    • Many of my classes, such as economics and business, require Internet research.

4: Q2 の解答の組み立て方をマスターする

  • Question2 では 2 つの意見や立場のうち、1 つを選択し、その合理的な「理由」「例、詳細」を述べる
    • 1: M(Main Point)
      • 主題
      • 2 つの意見のうち 1 つを選び述べます
    • 2: O(Organization Indicator)
      • 構成標示
      • 理由の数、ときに内容を示す。時々省略される
    • 3: R1(Supporting Reason 1)
      • 主題の第 1 の理由
    • 4: E1(Examples / Details 1)
      • 第 1 の理由に関する例や詳細
    • 5: R2(Supporting Reason 2)
      • 主題の第 2 の理由
    • 6: E2(Examples / Details 2)
      • 第 2 の理由に関する例や詳細
    • 7: C(Concluding Statement)
      • 結論
      • 「これらの理由で、私は〜と考える」と述べる
      • 時々省略される
    • また順序、結論などを示す「接続語句」T(Transition Word) を適切に使う
  • 15 秒で準備をして、45 秒で解答する
  • 重要な表現: 比較級を使って自分の立場を表す表現(「夜より朝勉強するほうが効果的である」ことを示す場合)
    • I think the morning is better for studying.
    • In my opinion, studying in the morning is much more effective than studying in the evening.
    • I find that studying in the morning is more beneficial than studying in the evening.
    • For me, the morning is by far a more advantageous time to study than the evening.

5: Q2 の解答力を伸ばす - 自分の意見、理由を適切に述べる

  • 自分の経験に基づいた「理由」、「例、詳細」を使用する
  • 自分の価値観を確認する
    • 日頃から自分は何を大切にするか具体的に考えておくと、解答を構成する際に助けになる
  • 重要表現: 結論を表す表現
    • Consequently / For these reasons / As a result / Thus

6: Q3 の解答の組み立て方をマスターする

  • Question3 では、リーディング、男女の会話のリスニングの後、指定されたどちらかの人の意見を述べ、理由や詳細を説明する
  • ポイント
    • 1: 課題文の方針を読み、要点を用紙の左半分にメモ
      • 45 秒間、約 75 - 100 語の大学や学生生活に関するある方針についての文章を読む
    • 2: 会話を聞き、読んだ文と関連付けながら要点を右半分にメモ
      • 約 60 - 80 秒で、約 150 - 180 語の方針に関する 2 人の学生の会話を聞く
      • 会話内の男性または女性が、方針に賛成か反対かの立場と、その理由をメモする
    • 3: メモを用いて意見とその理由などを説明
      • 方針を述べ、指定された男性 / 女性の意見とその理由を述べる
  • 重要表現
    • リーディングにおいて方針を説明する表現
      • A student ID will be required to both enter the gym and check out equipment.
      • The usual ban on bike riding on campus will be suspended during the renovation period.
      • No student will be allowed to register for more than 2 evening laboratory classes in one team.
    • 方針について賛成か反対かの立場を示す表現
      • For three reasons, the man agrees with the decision to discontinue the use of frequent rider bus coupons.
      • These are the reasons why the man thinks the change is positive.
      • That's why he supports the fee increase.
      • She is against the $75 increase in student fees.

7: Q3 の解答力を伸ばす - 課題文を読み、会話内の意見を要約する

  • 解答の基本的な構成
    • 1: 主題(M)
      • 問題文の「主題」に関わる語句を使い、男性 / 女性が方針に賛成または反対であることを述べる
    • 2: 構成(O)
      • 賛成または反省の「理由」が 2 - 3 個あることを述べる
    • 3: 第 1 の「理由」(R)と「例、詳細」(E)
    • 4: 第 2 の「理由」と「例、詳細」。もし 3 つ目の理由があれば挙げる
    • 5: 結論(C)
      • 「これらの理由で、男性 / 女性は〜に賛成 / 反対である」ことを述べる
  • 重要表現: 会話における男性 / 女性の意見とその理由を説明する表現
    • The man feels that the $75 increase in student fees is reasonable.
    • He feels that they deserve a high-quality arena to play their home games in.
    • The woman thinks that it's unfair to ask all students to pay for the construction of the new sports arena.
    • She points out that not every student cares about intercollegiate sports.
    • She suggests that students who think the new arena is necessary pay for it themselves.
    • She recommends soliciting more alumni contributions to cover the shortfall.

8: Q5 の解答の組み立て方をマスターする

  • Question5 では、男女の会話を聞いた後、問題点と自分の意見を説明する
  • 手順
    • 1: 会話を聞き、要点をメモする
      • 約 60 - 90 秒で、約 180 - 220 語の男女の学生による会話を聞く
      • 下記の点について、短縮した形や記号を使って簡潔なメモを作りながら、自分はどちらの解決方法に賛成か決める
          1. 1.
            PR(Problem): 学生が授業や学生生活に関して示す問題点
          1. 1.
            S(Solution): 話し相手または本人が、問題点に対して示す解決方法あるいは課題に対する選択肢(通常 2 つ)
          1. 1.
            R(Supporting Reason): それぞれの解決方法
    • 2: 意見を加え、メモを用いて意見と理由を説明する
        1. 1.
          OP&R(Opinion and Supporting Reason): 自分の意見とその理由
  • 解答では、2 つの解決方法のうち、自分がどちらを選択するかをその理由を含めて述べる
  • メモの最後に、自分がどちらを選択するかという意見と、その理由について書く
    • 理由は、会話の中の理由か独自の理由をあげる
  • 重要表現: 2 つの解決方法のうち、1 つを自分の意見として述べる表現
    • Of these two alternatives, I think the woman should choose to move out.
    • Of these two alternatives, I'd recommend that the woman move out.
    • The best thing for the woman to do is to move out.
    • If I were in the woman's position, I'd certainly choose to move out.
    • If I were the woman, I would choose to move out.

9: Q5 の要点をメモし、解答にパラフレーズを用いる

  • ポイント
    • 要点をメモする
      • 短時間でメモを取るためには、解答の構成要素のうち、以下の要素に絞って書き出す
      • 問題点(PR)・解決策(S)・解決策の理由(R)、最後に自分の意見と理由(O&R)
    • パラフレーズ(言い換え)を用いる
      • よく使われるパラフレーズの方法は以下
        • 1: 品詞の変換(例えば名詞 choice を、動詞 choose に言い換える)
        • 2: 同意語の使用(例えば choice を、同意語の alternative に言い換える)
  • 重要表現: 2 つの選択肢を明確に述べる表現
    • The man is facing a choice between majoring in music and majoring in business.
    • The man faces a dilemma and must choose a major in music or a major in business.
    • The man must decide whether to major in music or to major in business.
    • The man needs to make up his mind if he should major in music or business.