30日でできる! OS自作入門

概要

かかった時間

  • x 時間

読む前の状態

  • OS についての本は何も読んでいなく、1 冊目として手を動かしながら概要を抑えるために読み始めた

読む前後の変化

  • xxx

作成メモ

0章: 開発を始める前に

  • バイナリエディタとして 0xED を使うことにした

  • エミュレータとして QEMU を使うことにした

    • バージョンは 4.1.0

  • qemu-system-i386 helloos.img を実行すると、以下の warning が出る

$ qemu-system-i386 helloos.img
WARNING: Image format was not specified for 'helloos.img' and probing guessed raw.
Automatically detecting the format is dangerous for raw images, write operations on block 0 will be restricted.
Specify the 'raw' format explicitly to remove the restrictions.
qemu-system-i386 -drive file=helloos.img,format=raw,if=floppy

読書メモ

0章: 開発を始める前に

  • 今回は次の手順で作る

    • Windows などを使ってソースプログラムを書く

    • それを C コンパイラでコンパイルして、機械語がいっぱい詰まったファイルを作る

    • そのファイルを加工して、フロッピーディスクのイメージファイルを作る

    • イメージファイルをディスクへ書き込んで、OS がインストールされたディスクを作る

  • OS を作ること =「自動で起動する OS が入ったディスク」を作ること